シエンタ買取査定相場

はじめに売却実績が出るから安心
\ズバット車買取比較/

トップページ > 鹿児島県

中古のシエンタを高く売りたい時、下取りで何十万円も損するかもしれないってご存知でしたでしょうか?

当サイトでは鹿児島県にお住まいの方に、車を高く売るための車買取や一括見積もりサービスの情報をご紹介しています。

まずはじめに、中古のシエンタを高く売りたいなら主に4つの方法があります。

  • 街の新車ディーラーの下取り
  • 街の中古車ディーラーに売る
  • オークション・個人売買
  • 全国の買取専門店に売る

結論として、
一番のおすすめは買取専門店に売る方法です。

街の新車ディーラーの下取りの場合、下取りを扱っているお店の専門は「車を売ること」です。中古車買取の経験が十分でない場合、損を避けるためにかなり安めの価格提示になる傾向があります。

鹿児島県の道路を走っているとだいたいの街で見かける街の中古車ディーラーの場合は、地元にたまたまいいお店があるとは限らないですし、一店一店、全部回るのも大変です。また、その地域の狭いエリアの需要と供給に価格が左右されるため全国で比較して一番高く売る方法と比べると、ベストとは言い難いのが本音です。

一方で、オークションや個人売買の場合は、高く売れる可能性がありますが、車の売買は高額なためしっかりとした契約書を用意したり、その上でいろいろな条件をクリアする必要があります。そもそも手続き自体が面倒ですよね。そして、その上でトラブルになる可能性もあるのです。

最後に、買取専門店の場合ですが、全国にネットワークを持っているので買取価格が一番高いお店を選んで売れる可能性が高いです。

とにかく中古のシエンタを一番高く売るなら?

なぜ、中古のシエンタが買取専門店で高く売れるのかというと、

  • シエンタの買取の経験が豊富 ⇒ 査定が上手い
  • 全国にネットワークあり ⇒ 比較対象が多い
  • 個人売買の不安がない ⇒ 安心

という3つの条件がそろっているからでした。

つまり、全国の買取専門店同士を一括見積もりで比較するというのが、中古のシエンタを一番高く売るためにできる一番賢い方法です。

\一番使える一括査定サービス/

無料&40秒程度で入力完了
査定場所査定依頼数参加業者数
自宅、駐車場など最大10社284社
2020年5月7日現在
  • メーカー、車種、年式、走行距離が分かれば、30秒程度で査定できます
  • 厳選された業者の中から訪問可能なところがすぐ見つかります

メールで見積依頼可能
営業電話が気になるなら
査定場所査定依頼数参加業者数
自宅、駐車場など最大30社1000社以上
2020年5月7日現在
  • リクルート社運営の大手サービスの安心感
  • 営業電話をメールにすることができるから煩わしい手続きが不要

営業電話なし!
1回の査定で2,000社以上から買取価格が選べる無料サービス
査定場所査定依頼数参加業者数
お近くの提携ガソリンスタンドなどオークション最大7,000社
  • メーカー、車種、年式、走行距離が分かれば、30秒程度で査定できます
  • ガソリンスタンドなどの提携店で査定を1回受けるだけでいいので煩わしくありません
  • 査定は1回だけど買取業者候補は2,000社以上だから本当の最高値がどこなのかが分かります

【今すぐ相場価格が分かります】
ユーカーパックは、かんたん申し込み後にすぐに相場価格が表示されます。査定の前に相場が分かるので安心です。実際の買取は別の会社ですが、それまでのやり取りは査定も含めてユーカーパックに一本化されているというのは、今までの一括見積サービスとは一線を画す便利さです。

車査定人気車種ランキング

買取価格急上昇中の人気車種はこちら

  • ダイハツムーヴ
  • ホンダフィット
  • トヨタプリウス
  • ダイハツタント
  • スズキワゴンR
  • 日産セレナ
  • トヨタヴォクシー
  • ホンダライフ
  • ホンダオデッセイ
  • BMW3シリーズ

まとめ

ネットの一括車買取査定なら、買取価格や査定相場を簡単に全部比較できるので、その中で一番高いところを選ぶだけでOKです。

鹿児島県の方向けはじめての中古のシエンタ買取査定Q&A

車買取サービスはあなたの愛車を一番高く売れる可能性が高いので、複数の会社に見積もりを依頼してその中からさらに厳選するのが鉄板です。

しかし、どの会社も自分のところで契約を決めてしまいたいのが本音。いろいろな営業テクニックを駆使して上手にまとめてこようとします。そこで、契約で後悔しないためにチェック項目を用意しておきましたので確認しておいてください。

Q.契約って見積もり後にその場でするの?

A.いいえ。

事前に約束していないのであれば、あくまでも見積もりに留めて他社と比較するようにしましょう。

なぜなら、相手の営業さんは契約を取るために来るのですから、その場で契約を結ぼうとする人が多いからです。

「明日以降は値段が下がってしまうかもしれない」「この場だけの即決で○万円追加させていただきます」などと言われてしまうと、心はグラッと動いてしまうものです。

いいなと思っても、他者の方が高い可能性がないか、お値段の内訳はどうか、契約書の内容は大丈夫か、など、チェックすることがいくつかあるのでその場で決めるのはトラブルや後悔の元になりますよ。

当日中に全部やろうとすると、慣れない契約書チェックで疲れてしまうこともあります。

Q.傷とヘコミは直したほうが高く売れる?【重要】

A.いいえ。これはよくある間違いです。

少しでも綺麗にすれば高く買い取ってもらえそうですが、傷やヘコミを自分で直すことはお勧めできません。というか直してはいけません。

まず、ホームセンターなどで売っている傷を埋める塗料などは、査定金額を下げてしまう可能性がありますし、カーショップで本格的に修理してもらうと今度は逆に収支がマイナスになってしまう可能性が高いです。

修理の分引かれてしまうので手を入れてしまいたくなりますが、ぐっと我慢しましょう。

ただし、社内の掃除や消臭は有効です。

よほど汚くしていない限り、査定額に直接影響が出ることはないでしょうが、その他の項目でマイナスになる可能性が高まります。

汚い・臭うというのは、本能(生理的)に訴えかけてしまうので、判断に迷った時にマイナスのチェックが入ってしまうかもしれません。

車内でタバコを吸っている方は、売ろうかなと思った段階で車内での喫煙は控えて、ダッシュボードなどのヤニ汚れをふき取って、消臭剤(無香料などごまかさない系のもの)などで対策をしておきましょう。

Q.交渉すれば高く買い取ってもらえる?

A.どちらとも言えませんし、おすすめできません。

営業というお仕事は一言いうと交渉のプロです。つまり、交渉するということ自体が、相手の土俵に乗るということになります。

値段は交渉するのではなく、相見積をとって比較するというのが、素人でも損しないための最大の秘訣です。

Q.サプライズでプレゼントを貰ったんだけど受け取っていい?

A.いいと思いますが、要注意です。

実際に査定を受けると粗品プレゼントなどのキャンペーンがときどきありますが、初めから分かっているもの以外に、現場の担当さんが突然無条件で何かくれることもあるようです。

引っ越しの査定でもおなじみの手段なのですが、贈り物をもらうって想像以上に影響を受けます。

何かもらうと、そのぶんお返しをしたくなる心理が働くので、「他は問題ないのですがこの点だけはマイナスになってしまいます。」などの表現をされたときに、仕方ないなと諦めることになりがちですし、比較するときに金額に差があってもあの時よくしてもらったからという感じで非合理的に選んでしまうこともあります。

当日中の契約を避けたほうがいい理由の一つでもあります。

Q.個人売買のほうが高く売れるんじゃ?

A.頑張れば高く売れるかもしれませんが危険です。

買うのは怖いけど売る側なら大丈夫じゃない?と思われがちですが、高額商品である車の売買は売る側にとっても非常にトラブルが多いです。

また、売り手側は、契約書を用意してそれを相手と納得のいく形で締結するのを考えたり、税金の処理や所有権の移転など非常に面倒な手続きも多いです。

手続きの煩雑さや裁判などのリスク、売却後のトラブルなどの可能性を考えると、専門の買取業者に任せるのが費用対効果が高い方法になるでしょう。

Q.一括買取査定って書類の準備が必要?

A.いいえ。書類特に準備は不要です。

車の売却のための書類などは、一括査定申し込みの段階では不要です。

事前に準備が必要なのは、車情報(メーカー、車種、年式、走行距離)と、営業さんを呼んで見積もりしてもらうスケジュールを開けておくことと、申し込み後の折り返し連絡がくる準備をしておくことでしょうか。

今、何か決まった用事がなく、見積もりに来てもらう日を決めさえしたら、今すぐ申し込みできますよ。

Q&Aにあるよくあるトラブルが無い車買取査定はこちら

ユーカーパックは、査定申し込み後に、相場価格をすぐに表示!そして、提携のガソリンスタンドで査定は一度だけ。その後、複数の買取価格を提示するという面倒な交渉が不要で一番高く売れる業者を探す最新のシステムの車買取サービスです。

中古のシエンタ買取の基礎知識コラム

改造車は買取であまり良い評価を受けません。

大きな買取業者の場合、メーカーやディーラーの正規のオプションなら高く評価される場合が多いです。

サンルーフ、マルチの純正ナビ、革シートなどはかなり査定額も挙がりますが、一方、車高調整していたり、アルミやエアロを非純正パーツに変えているとあまり高い評価にはなりません。

スポーツカーを買取に出すなら専門店に持ち込むのが最もよいでしょう。

残っている期間によっても異なりますが、自動車車検は見積価格を左右することがあります。

車検切れの自動車よりも、もちろん車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。

かといって、車検が一年も残っていない状態ではそれほど見積金額に上乗せされることはないでしょう。

しかし、査定価格が上がらないからといって、車検をしてから売るのはあまりお勧めできません。

車検にかかる総費用と車検を通したことによってアップする査定額とでは、車検費用の方が高く付くことがほとんどだからです。

車が事故に巻き込まれていた場合、十分修理を終えた後に、査定をしたとしても、事故を起こす前に比べて査定の値段が大きく低下することを査定落ちと言っています。

格落ち、評価損ともよんでいます。

ちゃんと修理をして、性能に関しては問題がみつからなくても、事故を起こした車といった負の印象だけで査定落ちをすることが無きにしも非ずです。

最近よく目にするようになったネット上の中古車一括査定サイトは、所有する車を売ろうとする場合には大変役に立ちます。

シエンタなどの中古車の無料一括査定サイトを活用すると途端に一気にたくさんの営業電話がかかってきますが、特に必要としないところへはもうすでに売却済みだと嘘を付くことでしつこい電話攻勢も止むことでしょう。

売却しようとしている愛車を高く査定してくれた何社かを選んで、「実査定」に進むようにしたら良いでしょう。

ちょっとでも高く売りたいからと言っても、相場と比べて異常に高い査定額を示してきたところは結局何か問題があったなどと言って、後から査定額を下げてくるかも知れませんので注意しましょう。

シエンタなどの車査定サイトを通して査定を申し込み、数ある中から利用したい業者を選出したら、今度は、車の実物を業者に査定してもらうことになりますが、その際、揃えておくべき書類があります。

自賠責保険証明書、それから自動車検査証(車検証)の二つです。

査定の日時が決まって、そこからあわただしくしないで済むように、売却の時に必要になる自動車税の納税証明書類などと共に手元に一式揃えておくといいでしょう。

先に挙げた必要書類は何かで代わりにできるものではないため、なくしたら、再発行の手続きを行わなければなりませんし、余裕を持って揃えておくようにしましょう。

自動車を手放す場合に買取にするか下取りにするか、どちらを選んだらいいかというと高値で売りたいのなら買取です。

下取りにすると買取よりも安い値段で手放すことにつながります。

下取りでは評価してもらえない部分が買取なら評価してもらえることも多いです。

特に事故車を売却したい時は、下取りだと評価がたいへん低く、廃車費用を求められることもあります。

「無料」好きというのもあって、一度無料出張査定サービスというのを使って車の売却をした経験があり、その時のことなのですが、出張査定人の職人気質な仕事に少々感動しながら見物したことを覚えています。

かなり隅々まで細かく点検をしていきますが、それでも仕事は素早くこなされて、それ程時間はかからなかったと思います。

わかりにくいところに古い小さなキズが見つかったのですが、言われて初めてわかったのでちょっとびっくりしました。

さすがにちゃんとしたプロだけありますよね。

それほど大きくマイナスにはならなかったので、ホッとしました。

いま乗っている車を売却したいと思っているときに、査定価格を知る方法はシエンタなどの中古車屋に知人でもいない限り、次に上げる二つしかありません。

一番多いのはディーラーによる下取りで、これは買い替えが大前提です。

一箇所で購入と売却(下取り)を済ませられるので、新しい車と入れ替えに古い車の引取りを行うので、車がないという不便さも感じなくて済みます。

ただ、中古シエンタなどの車の買取りを専門に行っている業者と比べると、低めの査定額になるのは否めません。

あと一つはシエンタなどの中古車一括査定サイトを使い、業界各社から見積りをもらうことです。

少なくとも2社以上に依頼すれば競争になりますから、買値アップが期待できます。

どちらを選ぶかは車の所有者次第でしょう。

車を買い取ってもらうときは緊張するものですが、意外に手軽なんです。

査定が済んで金額の折り合いがついたら、あとはほとんどお任せで、一括査定に名を連ねる買取業者であれば売主側で必要な書類を揃えておけば、面倒な名義変更などの手続きも業者側で行ってくれます。

売主が用意するのは、実印と印鑑登録証明書、車検証、自賠責保険証と直近の自動車納税証明書です。

軽自動車の場合は実印と印鑑証明書の代わりに認印だけでも構いません。

あと、忘れてならないのは車のキーとスペアキーです。

代金の支払い時ですが、最近は担当者に現金を持たせない会社も多いので、振込先となる口座も用意しておきましょう。

車を買い換える際に古い車はディーラーに下取りに出す人は多いのではないでしょうか。

同時に売却と購入ができてしまうため、自分で買取業者を見つけて売るのと違って大幅に時間も手間も少ないというメリットがあります。

ただし、金額的に考えるとディーラー下取りと業者買取りなら、業者に買い取ってもらうほうが高い値段がつくことが挙げられます。

下取りは強制ではありませんから、売却で利益を出したければ、下取りには出さずに買取業者に査定を依頼しましょう。


鹿児島県の方向けシエンタ中古車買取お役立ち情報

おすすめ1位のズバット車買取比較

鹿児島県でシエンタを一番高く売るなら